CARE VIEW M

ベッドサイドのネームプレートをデジタル化。特長業務効率の向上と安全管理に貢献します。紙製ベッドネームプレートからベッドサイド表示器へ切り替えることで、ネームプレートに関わる業務が削減できます。

CARE VIEW M 無線モノクロタイプ追加導入専用

すでに稼働しているNICSS-R7やNICSS-R8に追加導入する 専用モデルです。(NICSS-R7、NICSS-R8、NICSS-EX8対応)
CARE VIEW M 無線モノクロタイプ

ネームプレートの作成・交換時間

ネームプレートの作成・交換時間
(369床での一例/某病院様の一般病床(369床)における入院数、退院数、ベッド移動回数、同一患者さんの情報変更回数より試算)
ネームプレート作成時の転記ミスや交換時の取り違えリスクも減少します。

患者情報を自動更新

患者氏名、担当医師名、担当看護師名、診療科など各種NICSSが持つ情報を表示。入院・退院・転科・転棟・ベッド移動に合わせて表示が自動で更新されます。 患者情報を自動更新
CARE VIEW M 無線モノクロタイプ
省電力型のモノクロ表示 表示器には、表示保持に電力を必要とせず、高い視認性の電子ペーパーを採用。停電時も、表示が消えずに残ります。
配線不要な無線タイプ 表示器は、電池駆動の無線方式で、ベッド回りの配線工事やAC電源が不要。電池寿命は約2年間(注)、交換時期お知らせ機能付きの安心設計です。(注)1日15回書き換えとした場合。

システム稼働後の後付け専用。無線なので、設置するための配線工事が不要です。(NICSS-R7、R8、EX8に対応)

システム概要