離床センサー

image

握り押ボタンの使えない患者さんに、わずかな動作や動かせる部位を使うことで、呼出ができるナースコール子機を、ご用意しています。

マルチケアコール®

image 詳細を表示

ソフトタッチボタン(安定板取付型)

image

筋ジストロフィーやALS等の進行初期段階の患者さんに。

ボタンが大きく、また約0.8N(約80g)の軽い力で作動するので押し方を選びません。

ベッド上での安定性と操作性向上のために板を取り付けています。

機能障害者用押ボタン

image

頭・ひじ・足などで押して呼出できるナースコール子機です。

引きひもを引っぱることでも呼出ができます。

呼出すると確認灯が点灯し、確認音が鳴ります。

フレキコール

image

曲げる、握るなど、患者さんの押しやすい方法で呼出ができます。

軽い力でナースコールができます。作動負荷は約2.5N(約255g)。

車いすトイレ用押ボタン

image

丸パイプの手すり等に取り付けることのできるナースコール子機です。

ナースコール子機の接続方法