NICSS-R8 自立型

自立形親機の操作性

24インチの大型ディスプレイに患者さんの情報を見やすく表示
24インチの大型ディスプレイに患者さんの情報を見やすく表示
患者さんの情報を、メイン画像とサブ画像で分けて表示。 画面切り替えしなくても多様なコンテンツが確認でき、操作もタッチパネル式で簡単です。
不要なときは収納できるスライド式キーボードトレイ付き
不要なときは収納できるスライド式キーボードトレイ付き
キーボードは、伝言メモを入力する際など必要な時だけ引き出して使用でき、不要なときはすっきり収納できます。
パソコンがダウンしても呼出の対応を可能にする操作部
パソコンがダウンしても呼出の対応を可能にする操作部
万が一パソコンがシステムダウンしても、操作部で患者さんからの呼出を確認したり、部屋を呼出したりすることができます。

各部の機能

各部の機能
PHS充電部
最大10台までのPHSの充電器を収容可能。 カウンターの上や電源コンセントの周りもすっきり片付きます。※
救助表示ボタン
地震や火災時などにこのボタンを押すと、担送・護送が必要な患者さんのいる病室の廊下灯が点滅し、救助作業に役立ちます。
受話器衝突音防止センサー
受話器を本体にぶつけたときの衝突音が、患者さんに聞こえないようにします。
受話器落下防止ストッパー
受話器を取り損ねたり、戻し損ねたりした際に、受話器が床に落ちるのを防止します。
スマイルミラー
患者さんに会う前の笑顔がチェックできるミラーです。
ステーションBGM
オーディオ入力用のジャックに、音楽プレイヤーを接続すると、本製品のスピーカーから音楽が流れます。

※PHSおよびPHS充電器は別途手配が必要です。