ケアコム ケアコム

ケアコム

院内感染ゼロをめざして

感染拡大を食い止めるために今、何ができるのか。
医療現場に向き合う皆さまに役立つ情報と
ソリューションをお届けします。

NEWS

2020.12.23
手指衛生モニタリングシステム3HS-SIを掲載しました。

scroll

感染は、3つの要素が重なって
引き起こされます。

新型コロナウイルス感染症や、インフルエンザなどの感染症は、感染の原因となる感染源が、
人や人以外の感染経路を通じて、宿主に侵入し、増殖することで引き起こされます。

宿主 ウイルスや細菌が増殖できる場所 免疫力が低下している方など 宿主 ウイルスや細菌が増殖できる場所 免疫力が低下している方など 感染源 ウイルスや細菌などを含んでいるもの 感染源 ウイルスや細菌などを含んでいるもの 感染経路 ウイルスなどが宿主に運ばれる経路 感染経路 ウイルスなどが宿主に運ばれる経路

院内感染を防ぐには、
感染源の有無に関わらず、
感染予防策を講じることが大切です。

「医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引き(ver. 6.02)2016年版」には、感染経路別の対策が明記されているほか、
感染源がなくても推奨するべき標準予防策として、下記の内容が示されています。

標準的な感染予防策

1

患者接触前の
手指衛生

2

ケアの過程で体液・血液等に接触する場合、
手袋、ガウン・エプロン、マスク・
ゴーグル、フェイスシールド等の着用

3

安全装置付きの
鋭利機材の使用

出典:「医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引き(ver. 6.02)2016年版」(厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業)
(https://janis.mhlw.go.jp/material/material/Ver_6.02%E6%9C%AC%E6%96%87170529.pdf)

「医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引き(ver. 6.02)2016年版」(厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業)を加工して作成

院内感染の拡大防止に向けた
ソリューションを、ケアコムがお届けします。

製品資料、ナースコールのお手入れガイドをダウンロードできます

Interview

NEWS

  • 2020.12.23手指衛生モニタリングシステム3HS-SIを掲載しました。
  • 2020.09.28インタビューを掲載しました
  • 2020.09.28特設ページを公開しました