共同研究・学会発表

よりよい療養環境の創出をめざして、患者視点の研究を続けています

ケア環境研究会

「よりよい療養環境づくり」をテーマに、地域の病院様、大学様、企業様が集まり、ディスカッションや実証実験を繰り返し行っています。
(札幌、東京、大阪、福岡にて開設)

共同研究・学会発表

病院様と共同研究を行い、多くの課題解決に取り組んでいます。また、NICSS-R8を活用した看護研究の学会発表のお手伝いも行っています。

学会発表
  • 第9回医療の質・安全学会学術集会(2014年11月22日(土)~24日(月))
    テーマ:ナースコール呼出実態調査と課題考察
    発表者:株式会社ケア環境研究所 代表取締役社長 池川充洋
    発表資料はこちら
  • 第10回医療の質・安全学会学術集会(2015年11月22日(日)~23日(月))
    テーマ:病棟看護師動線把握から見た看護管理、看護業務改善への提言
    発表者:株式会社ケア環境研究所 代表取締役社長 池川充洋
    発表資料はこちら
共同研究

ケア環境研究所(グループ会社)

療養環境改善を目的とした多面的な研究を行うためにケア環境研究所を設立しました。看護業務を「見える化」し、事前のケアの促進、業務効率の向上、業務品質の改善など、ケア環境を改善する研究に取り組んでいます。