業務効率化

ナースコールシステムの導入で利用者の安全を確保し、良質の介護を提供したいとお考えでした。

納入前

JR東海道線島田駅より約10分、東名高速吉田ICおよび相良牧之原ICより車で約15分。「利用者様本位」の理念のもとに、全室個室専用トイレの充実した設備と、細やかな気配りの行き届いた介護を提供している。

静岡県島田市で初となる全室個室型の特別養護老人ホームほたるの丘では、利用者の安全を確保し、かつニーズに応えるためには、ナースコールは欠かせないシステムのひとつとお考えでした。施設の開設にともない、各社のナースコールを比較検討されていました。

納入後

WZ子機対応デジタルナースコールZ型、呼出履歴管理システム、PHS連動を導入いただきました。呼出履歴管理システムに残る巡視回数やケア内容の履歴は、何か問題が起こった際の原因を見つける手がかりにも。また、スタッフ間で共有すべき情報を、確実に伝えることにも役立っています。

お客様の声

石川 当施設では、各スタッフがお部屋を巡視する際は、各居室に設置している「巡視ボタン」を必ず押すようにしています。そうすることで、呼出履歴管理システムにボタンを押した記録が残り、巡視回数や巡視時間が正確にわかります。何か問題が起こった際にも、過去の巡視データを追うことで、問題の原因を見つける手助けにもなります。
また、呼出履歴管理システムに肉付けする形で構築した「ケアレコ」という管理システムも運用しています。このシステムにスタッフがログインすると、巡視ボタンやナースコール履歴が反映されており、各履歴に対するケア内容を登録するだけで、簡単・正確に記録が残せます。また、そのスタッフに対する指示内容や申し送り事項がパソコンの画面上に抽出表示される仕組みになっています。スタッフ間で共有しなければならない利用者様からのご要望や注意事項などの情報を、ケアレコを通じて確実に伝えるようにしています。個人の携帯メールアドレスを登録しておけば、それらの指示がリアルタイムで通知されるので、スタッフがどこにいても指示内容を確認することができます。
ケアコムの呼出履歴管理システムとケアレコが連動することで、正確な対応履歴が経過記録に活用できるため、スタッフ間の申し送りを万全にすることが可能です。また、利用者様の情報を共有することでスタッフが互いにサポートし合えるため、我々が日頃使っていても非常に便利に感じています。

お話しいただいた方
社会福祉法人 大心会 理事・法人事務局長・施設長 石川 貴彦さん/(2011年

納入先情報


施設名社会福祉法人 大心会 特別養護老人ホーム ほたるの丘
住所
  • 427-0111   静岡県島田市阪本2449-2
ホームページ http://www.hotaru-oka.com/