地域医療介護をつなぐ、見える化する

CoEsse(コエッセ)は、患者・利用者情報をはじめとする医療と介護のさまざまな情報を、参加する病院、医科歯科診療所、調剤薬局、介護施設などが双方向で共有できるソフトウェア製品です。

これからの地域包括ケアシステムに欠かせない、施設間・多職種間の“連携”をサポートします。

CoEsseは、複数のアプリケーションから構成されるソフトウェアです。

CoEsseで解決できる課題

患者さんの入退院や転院時に必要な資料や申し送りにかかる時間を減らしたい。

さまざまな患者情報を集約して一元化できるので、 関与スタッフ間の情報共有がスムーズになり、医療・介護従事者間の連携を促進。また、あらかじめ決められたフォーマットにのっとってデータを作成しておくことで、データの重複入力や申し送り時に必要な資料の重複作成のムダを省けます。

転院してきた患者さんの状態や治療状況を把握してケアにあたりたい。

新しい患者さんの病名や状態、検査内容などの情報をいちはやく収集し、確認することが可能。事前にケアに関する注意事項を把握できるので、より適切な対応がスムーズに行えます。でまた、薬の飲み合わせのチェックなどの安全管理にも役立てられます。

空床をなくして病床回転率を上げたい。

CoEsse(コエッセ)を導入すれば、導入した施設間で各施設の空床情報を一元管理でき、スムーズで効率的な空床管理が行えます。他施設への予約リクエストも、システム上でやりとりでき、迅速な判断による最適な配置、さらにはベッド回転率の向上にも役立てられます。

在宅・施設で暮らす方の健康も見守りたい。

在宅や施設で暮らす高齢者のバイタル情報をデータベースとして蓄積し、さまざまな疾病管理に活用できます。疾患ごとに設定されている異常値を示す患者さんをデータから抽出し、その結果をかかりつけ医にシステム上で通知。患者さんの異変にすみやかに気付くことができ、早めの対処を可能にします。

CoEsseのソリューション

総合医療介護連携システム CoEsse

病院・診療所・薬局・介護施設など、さまざまな施設をつなぎ、治療、検査、処方や介護情報まで含めた多様なデータを多職種で共有できるようにします。

医療・介護の双方向連携が可能

参加するすべての施設が保有する患者情報を双方向で発信・閲覧することが可能。情報連携がしやすくなり、業務の効率化や安全管理に貢献します。

多職種連携を支援

多様な情報を一元化できるので、多職種連携がしやすくなります。また、さまざまな職種のスタッフや施設を横断したコミュニケーションを可能にする機能も装備しています。

従来の業務フローやシステムを変えずに導入可能

電子カルテに依存しないシステムなので診療所や薬局でも導入しやすく、新たなシステムを導入したり業務フローを変えたりせずに導入できます。

在宅との連携も可能

在宅や施設でも導入しやすいタブレットでの連携が可能。在宅におけるさまざまなバイタル情報も共有できます。

総合医療介護連携システム CoEsse

※ケアコムグループ会社のヘルスケアリレイションズのソリューションです。

CoEsse(コエッセ)は、患者・利用者情報をはじめとする医療と介護のさまざまな情報を、参加する病院、医科歯科診療所、調剤薬局、介護施設などが双方向で共有できるソフトウェア製品です。

これからの地域包括ケアシステムに欠かせない、施設間・多職種間の“連携”をサポートします。

CoEsseは、複数のアプリケーションから構成されるソフトウェアです。

CoEsseで解決できる課題

患者さんの入退院や転院時に必要な資料や申し送りにかかる時間を減らしたい。

さまざまな患者情報を集約して一元化できるので、 関与スタッフ間の情報共有がスムーズになり、医療・介護従事者間の連携を促進。また、あらかじめ決められたフォーマットにのっとってデータを作成しておくことで、データの重複入力や申し送り時に必要な資料の重複作成のムダを省けます。

転院してきた患者さんの状態や治療状況を把握してケアにあたりたい。

新しい患者さんの病名や状態、検査内容などの情報をいちはやく収集し、確認することが可能。事前にケアに関する注意事項を把握できるので、より適切な対応がスムーズに行えます。でまた、薬の飲み合わせのチェックなどの安全管理にも役立てられます。

空床をなくして病床回転率を上げたい。

CoEsse(コエッセ)を導入すれば、導入した施設間で各施設の空床情報を一元管理でき、スムーズで効率的な空床管理が行えます。他施設への予約リクエストも、システム上でやりとりでき、迅速な判断による最適な配置、さらにはベッド回転率の向上にも役立てられます。

在宅・施設で暮らす方の健康も見守りたい。

在宅や施設で暮らす高齢者のバイタル情報をデータベースとして蓄積し、さまざまな疾病管理に活用できます。疾患ごとに設定されている異常値を示す患者さんをデータから抽出し、その結果をかかりつけ医にシステム上で通知。患者さんの異変にすみやかに気付くことができ、早めの対処を可能にします。

製品詳細を見るCoEsseのソリューション

総合医療介護連携システム CoEsse

病院・診療所・薬局・介護施設など、さまざまな施設をつなぎ、治療、検査、処方や介護情報まで含めた多様なデータを多職種で共有できるようにします。

医療・介護の双方向連携が可能

参加するすべての施設が保有する患者情報を双方向で発信・閲覧することが可能。情報連携がしやすくなり、業務の効率化や安全管理に貢献します。

多職種連携を支援

多職種連携を支援

従来の業務フローやシステムを変えずに導入可能

電子カルテに依存しないシステムなので診療所や薬局でも導入しやすく、新たなシステムを導入したり業務フローを変えたりせずに導入できます。

在宅との連携も可能

在宅や施設でも導入しやすいタブレットでの連携が可能。在宅におけるさまざまなバイタル情報も共有できます。