療養環境改善

呼出回数や職員の応対を分析することで、ご入居者のQOLの向上に役立てたいとお考えでした。

納入前

JR仙台駅から2駅の岩切駅より車で約3分、古代都人の憧憬の地としても有名な宮城野区に位置。「がんばりすぎない勇気」を応援し、介護が必要な方とそのご家族のパートナーとしてご期待にお応えすることを目指す。施設のエントランス付近には2ヵ所のバラ園があり、最盛期には鮮やかな色合いを楽しめる。

質の高いケアの実践に呼出履歴を活用し、ご利用者が心地良く過ごせる環境づくりを目指されています。新ホームの開設にあたり、ご利用者の生活の様子や、ケアの履歴などの情報を一元に管理できるシステムをお求めでした。系列施設での実績と製品の信頼性に評価をされ、CICSS-R3を採用いただきました。

納入後

呼出履歴はご家族への説明資料やご入居者の生活パターンの把握に活用されています。ご入居者に合わせた介助が行えるようになり、より質の高いケアの提供に役立てています。また、PHS連動により対応した職員がわかるため、翌朝ご利用者に異変があった場合でも、早期の原因解明につながると期待されています。

お客様の声

坂本 施設の開設にあたり、介護サービスの内容や入居者の皆様の生活のご様子など、介護に必要な利用者情報をリアルタイムで一元管理できるシステムを探していました。ケアコム製品はサニーライフの他施設に導入しており、これまでの実績と製品に対する信頼性が高いことから、仙台宮城野でもケアコムを採用することになりました。
同時に、ケア履歴管理ソフトも導入しました。サービスの履歴が記録として残ることはご家族への説明資料になりますし、私どもが的確なケアに取り組んでいることへの裏付けにもなるため、職員も安心して業務にあたることができます。
臼澤 CICSS-R3のコール履歴は部屋ごとに確認しています。呼出履歴からご入居者の生活のパターンがわかってきます。それに合わせて介助を行うように心がけるなど、より質の高いケアの実践に役立てています。
また、職員のPHSと連動しているため、人員が少ない夜間帯でもお待たせしないスムーズな対応ができています。どの職員がコールに応対したかも把握できるため、例えば翌朝にご入居者に何か変化が起こった場合、夜間帯のご様子を応対した職員にすぐに確認し、変化の発生時刻や早期の原因解明につなげることができると考えています。さらに、応答データを出勤シフトの調整に用い、職員の特性を考慮して配置することも。なるべく入居者の皆様の声に耳を傾け、より心地良く過ごしていただきたいと考えています。

※以上、ナーシングプラザ30号より抜粋

お話しいただいた方
支配人 坂本 慶典さん/生活相談員 臼澤 一哉さん/(2013年)