Newsお知らせ

“業務マネジメント支援サービス” を提供開始

2016.07.05

病院に特化した位置検知ソリューション
IoTゲートウェイで看護動線を見える化
“業務マネジメント支援サービス”を提供開始

 医療・福祉施設の情報・通信システム専門メーカー株式会社ケアコム(本社:東京都調布市、社長:池川充洋)は、“業務マネジメント支援サービス”の提供を7月1日より開始しました。
本サービスは、看護スタッフの位置情報を見える化し、業務マネジメントに役立つデータを提供するサービスです。
国際モダンホスピタルショウ2016にて展示を予定し、来場される方々へ披露いたします。

【サービスの概要】

  1. 1.計測用に貸出する位置検知システムを院内に設置し、タグをつけた看護スタッフがIoTゲートウェイを通過すると位置情報を蓄積します。「いつ、どこで、誰が」がデータ収集でき、位置データをもとにスタッフ動線を見える化します。
    ・機器貸出期間内(一週間)はPCにてグラフ集計・参照可能
    ・利用後、ログデータおよび出力したグラフを提供。また、Webにて6か月間閲覧可能
  2. 収集したデータは、今まで感覚で捉えていた動線を数値化して客観的に見ることで、新たな発見や説得性のあるマネジメントを支援します。
    ・活用例
    ①ベッド配置 ②業務手順 ③設備/備品類の配置 ④看護体制 の見直しの資料として。
  3. 本サービスは、延べ22件の病院に協力いただき、実際に病棟にて検証を行い信頼性を確保したうえでサービスの提供を開始しました。
  4. サービスの計測結果は、利用ユーザーが他ユーザーの測定結果と比較できるベンチマークサービスも提供する予定です。
  5. 将来対応として、ナースコール呼出履歴と組み合わせた分析をするサービスもオプションで提供の予定です。

【サービスの特長】

  1. 配線工事不要で手軽にご利用いただけます。
  2. 看護業務分析に特化した集計が可能です。
  3. Webを用いた集計ツールを提供します。

【価格】
業務マネジメント支援サービス
1病棟 130万円~

【スケジュールと販売計画】
スケジュール サービス提供開始:2016年7月1日
展示:2016年7月13日~15日(国際モダンホスピタルショウ2016)
販売計画   年間100本

■ケアコムについて
社名:株式会社ケアコム(http://www.carecom.jp/) 代表者:代表取締役社長 池川充洋
本社:〒182-0025 東京都調布市多摩川3-35-4   資本金:9,000万円
従業員:258名

ケアコムは医療・福祉施設向けの情報・通信システムの専門メーカーとして、ナースコール
システムや業務支援システムを製造・販売しています。現在、全国の独立行政法人国立病院機構病院、国立大学法人大学病院、日赤病院の何れにおいても約8割の施設にて、弊社のシステムをご採用いただいています。

—————————————————————————————————————————

【本ニュースリリースについてのお問い合わせ先】
株式会社ケアコム 営業企画グループ 菊池
Tel.050-3816-6307 Email:sales@carecom.co.jp

■印刷は こちら ご利用ください。