エリア検知呼出システムで解決できる課題

患者さんの離棟を未然に防ぎたい。

認知機能が低下した患者さんにICタグを身につけていただくことで、患者さんが病棟出入口付近を通過するとナースコールでお知らせ。患者さんの安全を確保できるだけでなく、患者さんを探す時間も削減できます。

安全管理
赤ちゃん連れ去りなどの危険を回避したい。

赤ちゃんにICタグをつけておくことで、万が一赤ちゃんが新生児室等の特定の場所から不意に移動した場合、そのエリアと赤ちゃんを特定してお知らせ。少人数のスタッフでも赤ちゃんの安全を見守りやすくします。

スタッフの目の届かないエリアに患者さんが侵入するのを防ぎたい。

階段や施錠できないバックヤードなど、スタッフの目が届きにくいエリアに患者さんが侵入するとそのエリアと患者名をナースコールでお知らせ。目の届かない場所でのトラブルを回避します。

トラブルの多い患者さん同士の接触を回避したい。

以前トラブルのあった患者さんなど、あらかじめ設定した患者さん同士が近づくと患者氏名や該当エリアを通知。トラブルになる前のスタッフの早期介入をサポートします。

患者さんの離棟を未然に防ぎたい。

認知機能が低下した患者さんにICタグを身につけていただくことで、患者さんが病棟出入口付近を通過するとナースコールでお知らせ。患者さんの安全を確保できるだけでなく、患者さんを探す時間も削減できます。

安全管理

赤ちゃん連れ去りなどの危険を回避したい。

赤ちゃんにICタグをつけておくことで、万が一赤ちゃんが新生児室等の特定の場所から不意に移動した場合、そのエリアと赤ちゃんを特定してお知らせ。少人数のスタッフでも赤ちゃんの安全を見守りやすくします。

スタッフの目の届かないエリアに患者さんが侵入するのを防ぎたい。

階段や施錠できないバックヤードなど、スタッフの目が届きにくいエリアに患者さんが侵入するとそのエリアと患者名をナースコールでお知らせ。目の届かない場所でのトラブルを回避します。

トラブルの多い患者さん同士の接触を回避したい。

以前トラブルのあった患者さんなど、あらかじめ設定した患者さん同士が近づくと患者氏名や該当エリアを通知。トラブルになる前のスタッフの早期介入をサポートします。