新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みについて(5月8日更新)

更新日:2020年5月8日

 株式会社ケアコム、株式会社ヘルスケアリレイションズ、株式会社ケア環境研究所(以下、ケアコムグループ)における新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組みについて、お知らせいたします。

 新型コロナウイルスの世界的感染拡大は、日本国内においてもその傾向は益々顕著になってきています。ケアコムグループとしてもその影響は甚大であるものの、企業体としての事業活動は継続しつつ、感染拡大防止徹底の観点から最大限の対策を実施しています。

– 記 –

1. ケアコムグループにおける新型コロナウイルス感染拡大防止に対する基本方針
 経営理念を中心とするケアコムグループ企業ポリシー、および、4つのお約束行動に基づき、次の3点を基本方針とし、事業活動を推進しています。
(1)社会的安心安全への寄与垂範を核とし、すべての従業者の健康と安全を最優先にした対応を進める
(2)お客様価値最大化宣言に基づく、製品・システム・サービスの可能な限りの安定供給に努めること
(3)ケアコムグループの知恵・総力を結集して、当該ウイルスの感染防止に最大限貢献し続けること

2. ケアコムグループに従事する従業者の勤務要件・状況について
▶従業者本人に発熱(37.5度以上)、全⾝倦怠感、味覚嗅覚異常等の症状が見られる場合は自宅静養とする。
▶従業者家族など同居者の発症が確認された場合は、その従業者を出社させずに在宅勤務や自宅待機とする。
▶生産関連部門は社員同士の感染を防ぐよう、就業・休憩エリア等に配慮する。
▶コールセンターについては、そのニーズ・緊急性に鑑み、通常通り運営する。
▶緊急事態宣言発令を受け、4月13日から5月6日までは、原則在宅勤務とする。出社が必要な緊急業務等がある場合も、時差出勤など、感染対策に十分配慮したうえで対応する。
 ※5月8日更新:特定警戒都道府県に設置された事業所は当面の間、原則在宅勤務とする。
▶お客様接点担当者は、医療機関、福祉施設訪問要請など急事に際し、体調管理を実施することに加え、お客様事情を事前確認の上、十分な配慮をもって対応する。
▶ケアコムグループとは直接の雇用関係にないが、当グループで勤務する派遣会社等の従業者も同様の勤務変更が行えるよう、関係先機関に協力を求める。

ケアコムグループは、上記取り組みを徹底するとともに、引き続き各方面からの情報収集を行い、速やかに必要な対応を実施してまいります。
お客様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。