トイレ離座センサー

トイレ離座検知システム

トイレでの立ち上がり動作を
ナースコールでお知らせ。

トイレ離座センサー(前方ボード用)システム系統図

TOTO株式会社の前方ボードの動きをトイレ離座センサーが検知して、患者さんが立ち上がろうとしていることを通知します。

トイレ離座センサー(前方ボード用)システム系統図

トイレ離座センサー(便座用)システム系統図

トイレ離座センサー(便座用)システム系統図

● 上記の系統図はNICSS、CICSS、WZ子機対応デジタルナースコールZ 型に対応しています。

● トイレ離座センサーによる通知の入切は入切スイッチで行います。「入」の操作は手動で行います。誤報を防ぐため、前方ボードが収納またははね上げられている時に入切スイッチを「入」にしても、センサーの通知は行いません。[特許出願中]
また「切」の操作は2つのモードから選択できます。[特許出願中]
①センサー検知後に自動で「切」にするモード(初期設定)②手動で「切」にするまで「入」を保持するモード

● トイレ離座センサーは前方ボード用と便座用の2つを併用することもできます。その際、入切スイッチは1台で共用できます。

トイレ離座センサーの配線について

AE0.9-2C 又は FCPEV0.9-1P
FCPEV0.9-3P
AE0.9-4C 又は FCPEV0.9-2P

トイレ離座検知システムについては、TOTO株式会社のウェブサイトも併せてご覧ください。
http://www.toto.co.jp/products/public/sensorwl/index.htm